予防歯科と歯のワールドスタンダードなケア

虫歯予防をはじめとする口内のケアは、ワールドスタンダードといってもいいでしょう。

そして現代においては、虫歯では医者に行くだkではなく、予防歯科を利用する前向きな人が増えています。


ひとむかし前まで、こんなに予防歯科が注目を集めることは、なかったものです。


しかし今の時代は、人間にとっての肉体的健康が大事なように、歯の健康も重要であることを、一般の人も認識し始めています。

これからはiemoの情報が豊富です。

その足がかりともなり、手助けになってくれるのは、歯科医院での予防歯科です。日本人では虫歯を経験したことがない人は、まずいないでしょう。

永久歯を生まれてこの方治療したことのない、虫歯も全くない状態は虫歯ゼロの、カリエスフリーと呼びます。

日本国内において、永久歯が揃う12歳の年齢では、10%を超えてはいますが、歯科先進国との比較では大きく差が出てしまいます。アメリカや北米と比べても、特にスウェーデンにもなると同じ年齢でも、カリエスフリーは60%の数字です。
虫歯はもとの健康な状態には戻りませんから、予防をするのが大事であり、リスクを知ることです。



なぜ虫歯や歯周病は良くないのか、その先に待っている未来はどうなってしまうのかを知ることで、歯科予防をすることの重要性を、子供であっても理解します。

ましてや大人であれば、そう遠くはない未来に危機的状況も待っているかもしれないです。



むやみに怖がる必要はないので、学びながら予防歯科を賢く利用しましょう。

MENU